メル友の魅力と出会い系サイトでメル友を作る方法

出会い系サイトでメル友作りをしようとしても、うまくいかない人がいます。
うまくいかないというよりも、相手からのメールが一切来ない場合があります。
それは、最初のメールに原因があります。
最初のメールが目立たない・つまらない・硬過ぎる・チャラ過ぎる・嫌悪感を感じさせる、といった場合は、絶対に無理です。
女性が「このメールに返事を出してみようかな」と思わせるような「ときめき感」がなければ、いつまで経っても無駄に終わることでしょう。
一つの文章に頼りすぎるのはよくありません。
いろいろな形の文章を作成してみます。
それらを同時多発的に送ります。
すると何かの反応が必ずあるはずです。
それを見逃さずに、畳み込みましょう。

プロフィールの作成も大事です。
興味を持った人のプロフィールは早く見たいと思うはずです。
プロフィールは長すぎず、短すぎず書くべきところはすっきりと記入します。
自分を飾ろうとする試みは、相手にすぐに伝わります。
「誠実さ」を伝えることが肝要です。
男性の中には、「まじめさ」は半人前の証などとうそぶく傾向がありますが、それは間違いです。
これから出会ったり・メル友になろうとする相手が不真面目な奴だったらどうでしょう。
文面から誠実さがにじみ出るようなメールを書きましょう。

基本、女性は無料で利用可能

出会い系サイトでメル友作りというと、不思議な感じに受け取られがちですが、現実はそうでもありません。
出会い系サイトは原則女性会員は無料です。
サイト側にしてみれば、とにかく女性会員が欲しいのです。
女性会員の数によって、男性会員の登録数が増減するからです。
出会い系サイトは女性会員が無料ということで、実際の出会いを希望していない女性たちも、たくさん登録しています。
つまり「暇つぶし会員」・「覗き会員」とでもいえそうな女性たちが在籍しています。
リアルな出会いには尻込みしても、メル友ならと引き受けてくれる可能性は高いと言えるでしょう。

メル友作りにはいろいろな効用があります。
会って話をするのがとても苦手な人がいます。
メールでなら顔を合わせずにできますから、精神的には楽です。
文章を書くという作業がありますから、時間的に余裕ができ、会話などでは得られない深い表現ができます。
メールでは深刻な悩み相談も気軽にできます。
口で説明できないことも、文字にすることによって、負担も軽くなります。

目的を明確に!

出会い系サイトでメル友を作るということは、どういうことなのかを明確にしたほうがいいでしょう。
単なるメル友作りならば、メル友募集掲示板にいけばいいし、わざわざ出会い系サイトでメル友作りしようとするには、何らかの魂胆がある場合があります。

メル友作りにかこつけて、本当は出会いたい場合は、メル友作り自体がうまくいかないことがあります。
つまり男女のメル友に関する思惑が、最初からかみ合わない場合です。
女性のほうは暇だからメル友にでもなってメールを楽しもうかな、なんて思っているのに、男性側はメールを通じて出会いたいという下心がある場合、決して最後までかみ合うことはないでしょう。

メル友募集掲示板と出会い系サイトでメル友を作る違いとは

メル友募集掲示板で作るメル友と、出会い系サイトで作るメル友とでは、どんな違いがあるのでしょう。
メル友募集掲示板の場合は、趣味の話とかで盛り上がることもあるでしょうが、出会い系サイトでのメル友作りは、男性側の「うまくいけば……」という下心を抜きにしては考えられません。
なので、エロっぽい話題で盛り上がれるかというと、そうもいかないようです。
女性側には特に、出会うという選択肢はありませんから、ともすれば空虚な話題が延々と続くことが懸念されます。
これを打破するには、男性側がいったん下心をおろしてしまう覚悟が必要です。
何回かの話の方向で、そちらに風が吹いていく場合を期待するしか方法はないでしょう。

メル友とリアルな出会いをした時の接し方について考えましょう。
メール交換で盛り上がった末の出会いですから、期待は一気に高まります。
しかし、相手が「メールのイメージとは違う」と思った瞬間、その場の空気は凍り付きます。
メールとのギャップが大き過ぎる時は、その場で「出会い」は瓦解してしまいます。
そんなことがないように、できるだけ「素」の自分をメールで表現すべきです。
下手に飾ると、取り返しがつかなくなります。
「偽ベートーベン」のようになったら大変です。

朝・昼・屋外・夜などと、所かまわず・時刻かまわずに、メールをしまくる人もいるようです。
メールと言っても、相手の家を訪問するのと変わりはありませんから、時間帯は考慮することが肝要です。
自分勝手・独りよがりのメール攻勢は、相手にとっては迷惑行為です。
一種のストーカーとも言えるような行為は慎みましょう。
何にでも常識・良識というものがありますから。

メル友と言われる前は「ペンフレンド」

現代はメル友と言ってますが、少し前ならペンフレンドと言っていました。
外国の友達については、ペンパルと言っていました。
現在のメール方式と違い、返事が返ってくるには時間がかかりました。
アメリカからだと二週間もかかったと思います。
数十秒で地球の裏側まで届くメールには隔世の感があります。
スピードが上がれば幸せになるというものでもありません。
ポストに投函してから返事が来るまでの時間は、緊張・ドキドキの連続だったように感じます。
現代人もかつてしてたように、「待つ喜び」というものを考えてもいいのではないでしょうか。
メールを送ってから、帰って来るまでの時間を楽しむことができたら、もっとメル友の存在を大事に思う心が芽生えると思うのですが。

関連サイト

メル友を作れるのは出会い系サイトだけではない!
ツーショットダイヤル | 無料体験付きの大人の遊びはツーショットダイアル